『RTA in Japan 2019』12月27日~31日に開催決定! ゲームリストはこちらから!

『RTA in Japan Online 2019』開催のお知らせ

一昨年と去年開催して好評を受けたオンラインのRTAイベント『RTA in Japan Online』ですが、今年も『RTA in Japan Online 2019』を開催します!

今までイベント名はナンバリングで名前を付けていましたが、数年後にイベントを遡るときにいつ行われたものなのかが分かりづらいので今年からは西暦を使うことにしました。

RTA in Japan Onlineとは

RTA in Japan Onlineは、毎年冬に会場を貸し切って行っているオフラインイベント『RTA in Japan』のオンライン版です。

オフラインイベントですと参加プレイヤーは会場に来られる方に限られてしまうのですが、オンラインイベントならゲームをキャプチャできてインターネットが繋がっている環境さえあればどなたでも参加できます。

開催日程

開催日程は”8/10(土)~8/13(火)”の4日間で、イベントの時間は合計で”80時間程度”を想定しています。

ゲーム応募について

ゲーム応募期間は”5/24(金)~6/16(日)”となります。

応募が終わったら運営内で3週間程度かけて応募内容を吟味し、実際のイベントのゲームスケジュールを発表します。

なお、イベントは運営だけではとても手が回らないので、運営を手伝ってくださるボランティアの方も募集します。こちらはゲームスケジュールの発表が終わってから告知いたします。

抽選枠について

前回のイベントでは抽選で選考ゲームを決める抽選枠というものがありましたが、今回は抽選枠は大幅に縮小します。

RTA in Japan Online 2019ではトラブルがあったときでもイベントが滞ることなく進行するよう、24時間毎に1時間のセットアップタイムを設ける予定です。そして、このセットアップタイムの時間が余ったときに入れるゲームは今まで適当にその場で選考していました。

このような枠について、適当に決めるのではなく参加可能時刻と予定プレイ時間(EST)が一致している人たちの中からその場で抽選を行って決定します。

参加方法

RTA in Japan Online 2019に参加するには、OBSやXSplitと言った配信ソフトを使ってゲーム画面だけをキャプチャしたものを配信できる環境が必要です。

ストリームキーや実際の配信ソフトの設定などは運営が支援します。

基本はキャプチャデバイスを使って映像を送ることができるということを参加条件としており、例えばカメラを使って直接テレビを映すといったことは不可とさせていただきます。

また、HD画質のゲームでしたら”1280×720”の解像度でエンコードソフトを動かしても問題のないPCスペック、SD画質のゲームでしたら”640×480”の解像度でエンコードソフトを動かしても問題のないPCスペックが必要です。ストリーミング配信を行う関係上インターネットの回線速度もある程度必要で、HD画質のゲームでしたら2Mbps、SD画質のゲームでしたら1Mbps以上の上り速度は欲しいです。

PCスペックや回線速度について、よく分からない方がいらっしゃいましたらこの記事のコメント欄、または公式TwitterDiscordなどでお声がけください。

プレイ環境について

プレイ環境は基本的に実機か互換機(レトロフリークやクラシックファミコンミニ等)のみで、PC上でのエミュレーターでの参加は不可とさせていただきます。

なお、互換機で参加の場合は実機でできないこと(ステートセーブや倍速等)は不許可で、どうしても使う必要がある場合は応募時の一言メッセージ欄にそのことを書いてください。

また、連射機については使用可能です。
ただ、例えば2人以上レースでの参加の場合、連射機有り無しで明らかに差が付くような場合は使用するか否かをできるだけ統一していただくようお願いします。また、連射機自体をルールで禁止するのが一般的なゲームもありますので、こちらは応募する方に判断を委ねてしまって申し訳ないですが、そういった場合はルールに従っていただけると助かります。

過去のイベントについて

過去に行った実際のイベントの模様はこちらのリンクからご覧ください。

応募フォーム

2 COMMENTS

匿名

RiJ3(2018年冬)のフィードバック返しはまだ掲載されてなかったと思いますが、掲載しない予定でしょうか?
過去のイベントでは必ず掲載されていたので、載せないにしても何らかの理由があって先延ばしにしているとしても、何らかの報告がほしいと考えています。

返信する
moka

RTA in Japan 3のフィードバック返しについては掲載しない予定で、今後のイベントについても掲載しない予定です。

視聴者数も増えたことから送られてくる意見も多くなっており、かいつまんで回答するとしても量が膨大すぎて処理しきれないというのがあります。

ごく一部ですがただのヘイトのような意見も過去には飛んできており、それに対する意見を公開しても今後のイベント改善に繋がるわけではありません。

もちろんいただいた意見はすべて拝見させていただいており、改善できそうなものは運営内で今後の課題として共有しています。

自分の送ったフィードバックに対する意見がどうしても気になる人は、コメント欄で議論するのは時間がかかるのでDiscordのオープンチャンネルなどで直接聞いてください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。